クリームシャンプーの洗い方

クリームシャンプーでの髪の洗い方!

クリームシャンプー

 

頭皮や髪に優しく、フケや痒みを予防して髪にツヤとコシを与えてくれると話題の「クリームシャンプー」。

 

最近では、SNSや雑誌でも数々取り上げられたり、有名人やモデルさんたちも愛用していることから「クリームシャンプーに変えた!」という人も多いのではないでしょうか?

 

しかしクリームシャンプーは、一般のシャンプーとは違って泡立たないため「どうやって洗えばいいの?」と洗い方について疑問を持っている方も多いでしょう。

 

そんな人のために、今回はクリームシャンプーでの髪の洗い方について解説していきます!

 

クリームシャンプーはなぜ泡立たないの?!

 

クリームシャンプーは、その名の通りクリームタイプの形状をしたシャンプーで、一般のシャンプーに比べて最も違うところは「泡立たない」ということです。

 

しかし、なぜクリームシャンプーは泡立たないの?と不思議に思ってしまいますよね(>_<)

 

そもそも一般のシャンプーには、泡立たせるための「合成界面活性剤」といった成分が含まれていて、この成分を配合することによって泡立ちをよくしています。

 

しかし、泡立たせるための成分はいわゆる添加物であり、頭皮に刺激を与える原因にもなりますし、痒みやフケ、髪の毛の傷み、ハリ・コシの減少を引き起こしてしまう場合があります。

 

つまり、今まで使っていたシャンプーの泡立ちは本来いらないものなのです!

 

その点、クリームシャンプーはそのいらない泡を取り除き、植物由来の界面活性剤で頭皮の汚れや余分な皮脂だけをきれいに洗い落としてくれるといった特徴があります。

 

そのためクリームシャンプーが泡立たないのは、頭皮や髪に刺激を与える合成界面活性剤が使われていないことが理由になります♪

 

クリームシャンプーでの正しい髪の洗い方はこちら!

 

クリームシャンプーは泡立たないだけに、一般のシャンプーより洗浄力が比較的弱いので、正しい髪の洗い方をしなければしっかり汚れを落とすことができません。

 

クリームシャンプーの効果を最大限に発揮させるためにも、ここからは正しい髪の洗い方をご紹介していきます☆

 

 

用意するもの@ディスペンサー
Aヘアブラシ

 

 

クリームシャンプーを使う際は、たこ焼きにマヨネーズやソースをかける際に使うディスペンサーを使用することで、手の届かない細かい部分にもクリームシャンプーを塗布することができるのでおすすめです☆

 

また、シャンプー前にブラッシングをすることで髪に付着した皮脂汚れやほこりを落とすことができるので、シャンプー前には必ずヘアブラシでブラッシングを行いましょう!

 

洗い方
@ぬるま湯で髪に付着している汚れを流す

 

クリームシャンプーを塗布する前に、髪に付着した汚れをぬるま湯で完全に取りきりましょう。

 

Aクリームシャンプーを毛先になじませる

 

毛先は髪のダメージがひどくなりやすい場所なので、まずは毛先を中心に揉み込みます。

 

Bディスペンサーで頭皮にクリームシャンプーを塗布する

 

毛先の後は、生え際から頭頂部にかけてディスペンサーで適量を塗布していきます。

 

C頭皮をマッサージしながら浸透させる

 

ディスペンサーでクリームシャンプーを塗布した後は、マッサージをしながら頭皮に揉み込みます。(この時、自分が気持ちいいと思う場所を軽く指圧していきます)

 

クリームシャンプーで頭皮をマッサージすることで、クリームシャンプーに含まれている成分が頭皮に浸透して頭皮環境を整えてくれます。

 

D洗い残しがないようしっかりと洗い流す

 

しばらくしっかりと頭皮をマッサージしたり、クリームシャンプーの有効成分を髪になじませたら最後は洗い残しがないようにしっかりと洗い流します。

 

 

襟足や生え際などもすすぎ残しがないように気をつけてくださいね☆

 

いかがでしたか?

 

せっかくきれいな髪になるためにクリームシャンプーを使うなら、
正しい髪の洗い方をマスターしてクリームシャンプーが持つ効果を最大限に実感してくださいね!

 

クリームシャンプー ランキングクリームシャンプーランキング比較記事はこちら

page top