資生堂クリームシャンプーの成分や口コミってどうなの?

 

資生堂のクリームシャンプー、激安だけど大丈夫??

 

資生堂の「クリームシャンプー」は10年以上の歴史がある、長年愛用している人もいるというロングセラーなシャンプーです。

 

「クリームシャンプー」という商品名ですが、最近話題となっている泡立たないクリームシャンプーとは違い、
どうやらクリームのような細かい泡が立つということからその商品名になったようです。

 

今回は資生堂のクリームシャンプーの成分を詳しく調べてみたのでご紹介します。

 

資生堂クリームシャンプーの成分

まずは、資生堂クリームシャンプーの全成分をご紹介します。

 

水、ラウレス硫酸Na、ラウロアンホ酢酸Na、ラウレス硫酸TEA、ジステアリン酸グリコール、コカミドMEA、グリセリン、ポリクオタニウム−10、クエン酸、安息香酸Na、
ポリソルベート60、PEG−5−PPG−65ペンタエリスリチル、EDTA−2Na、BHT、香料、黄4

 

それぞれの成分を解説していきます。

 

ラウレス硫酸Na

安価なシャンプーに高確率で使用されている、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤のことです。

 

「ラウリル硫酸Na」に「酸化エチレン」を一緒に配合することで、皮膚刺激を緩和しています。

 

 

ラウロアンホ酢酸Na

「2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン」という両性界面活性剤のことで、
ベースの洗浄剤がとても強力で、脱脂力もかなり強いので、髪がパサパサしてしまうかもしれませんね。

 

さらに、「ラウレス硫酸TEA」を配合し、強力な脱脂力をアップさせているので、パサパサに加えゴワゴワキシキシしてしまう可能性もあります。

 

 

こうして成分を見ていくと、洗浄力には優れているけど、潤い成分が少し足りないかな
って印象です。

 

あとは、自然由来の成分なども入ってなさそうなので、安全性も不安ですね。

 

潤った髪に憧れる、優しく洗い上げたい、天然の成分を使いたいって人は、資生堂クリームシャンプーは向かないかもしれません。

 

 

 

私がおすすめするのは、「わたしのきまり」という今話題のクリームシャンプーで、自然の天然成分を配合させながら、
洗浄力にも優れていて、髪への潤いもバッチリです。

 

個人的には資生堂のクリームシャンプーより、
わたしのきまりをおすすめします☆

 

⇒クリームシャンプー体験談口コミとおすすめランキングを発表!!

 

 

 

関連ページ

資生堂クリームシャンプーの口コミ※安いけど大丈夫?
資生堂のクリームシャンプーは有名ですが、実際のところ口コミはどうなのか、髪のしっとり感、フケへの効果はあるのかどうか詳しく調べてみました。
kippisのクリームシャンプーの口コミは?
クリームシャンプーの中でも割と有名なkippisのシャンプーが気になったので、口コミを調べてみました。また、私が今愛用中のクリームシャンプーも紹介しますね!